FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/--/--
【一句】 夜勤明け 弊眠切り裂く 選挙カー

最近夜勤が続いているので寝るのは昼間なんだけど、選挙演説がうるさくて困る。住宅地で騒音を撒き散らすのは止めてほしいぜ…。

でもまあ、抗議くらいはしたいけど、候補者の死を願ったりするほどではない。

タイトルは、タイトル通りの意味で、今回は“蚊”の話であるw

私は蚊に刺されると腫れやすい体質なので、刺された痕は大きく隆起するし、とても痒い。寝てる間に刺されると、知らないうちに爪で掻いて、血だらけになることも度々ある。

そこで対策なのだが、蚊取り線香(ノーマットも)は、蚊が死ぬ毒を自分も吸うのがなんとなくイヤだし、蚊が死んだかどうか確認できないのも自分の性に合わないので、基本、自分の両手に頼ってきた。

でも、今年の私には強い味方がいる!

クリックで画像拡大

電撃殺虫ラケット!

こいつはマジで凄い! 頼りになるヤツである!

そもそも、両手パッチンの打撃攻撃では、打撃の範囲(面積)が小さいし、両手の風圧によって蚊がスリ抜けてしまうことも多い。

でもコイツがあれば、一旦視界に入った蚊はほとんど逃さない。ラケットの面積はかなり大きいので、振ればたいてい当たる。

すると2500ボルトの高電圧が青白い火花とともにバチッ!と大きな音ではじけ(隣の部屋まで聞こえる)、蚊を感電瞬殺するのである。

大きく振ると蚊がラケットの網目をスリ抜けることがあるので、蚊の体をラケットが何度も往復するよう小刻みに振ると確実だ。

たまに一撃では死なず、ラケットの網目に(体の一部が焼けて)張り付きながら、もがいているヤツもいるので、そういう時は再度電撃スイッチを押し続けると、

バチッバチビチバチッボシューッ!

てな感じで爆発して消し飛ぶ! 屍骸すら残らない(実際はバラバラ死体の粉末が部屋中に飛び散ってるわけだがw)

なんという快感!なんというカタルシス!?

殺した蚊が自分の血を吸ったヤツだったりすると、刺された痒みすら快感に変わるw

一度、台所の生ゴミの処理を忘れたとき、小バエがたくさん湧いたことがあった。そのときもラケット大活躍! ラケット振り回すたびビチバチ小バエを撃退し、アッというまに一掃できた。小レギオンを一掃した自衛官のような誇らしい気分だったw

ちなみにゴキ野朗(かなり大きなヤツ)にも一度試した。最初の一撃でグッタリ動かなくなったので、様子を観察していたら、急に元気になって猛スピードで逃げて行きやがった。油断した…。

でもゴキが爆発するのは、それはソレでかなり悲惨なコトになりそうなので、ゴキはゴキジェットプロの方がいいかも(^^;)

なお、私が使っているのは、398円で購入したコーナン・ブランドのラケット。
↓のサイトの比較レビューによると、攻撃力、耐久力ともTOPクラスのようだ。

探求: 電撃蚊取りラケット

殺虫ラケットの唯一の欠点は、目の前に蚊がいても、手で潰せばいいのに、ついついラケットを探して蚊を逃がしてしまうことだw 現在1階と2階に一つずつあるが、各部屋に一つずつほしいくらい。

子供のころ、手塚治虫の「火の鳥」を読んで以来、無益な殺生は避けてきたつもりだが、最近は「虫…虫…悪い虫はいねぇかぁ~Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ」てな感じで蚊やハエを探している自分がいる。

犬猫虐待するDQNとあんまし変わらんかも…と、
ちょっぴり自己嫌悪しつつ、「蛾はやめとこう」「蜘蛛はやめとこう」と多少の良心も見せつつ、今日も蚊狩りに勤しむ私であった…Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

スポンサーサイト
Comment:2 | TrackBack:0   2009/08/26
Secret

TrackBackURL
→http://tanotai.blog37.fc2.com/tb.php/25-93066b8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。