FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/--/--
クリックで画像拡大

(※ この記事は【1999/11/17】に、たのたい掲示板に投稿した記事の再録です)

話題のCD、「サウンドLSD 幽体離脱体験」を入手しました!
解説書に、このCDで使われている4つの特殊効果についての説明があったので、まずは簡単に説明しておきます。

1 バイノーラル エフェクツ
身体の平行感覚を保つという耳の機能に影響を与え、トリップ感を促す。

2 ヘミシンク
モンロー研究所(http://www.monroe-inst.com/)が特許を保有し、同研究所で売っているCDの固有名詞にもなっている技術。
左右それぞれの耳に異なる信号を入力し、脳自身がその周波数の差を検知し、脳内に第三の周波数を発生させる。

3 3-Dソニックムーブ
あたかも音圧が部屋中を駆け巡ったり、身体の中を透過するような効果を持つ。

4 パルスエフェクツ
「大脳の同調現象」を利用した脳波誘導法。
たとえば、1秒間に10回のクリック音を聞かせると、脳は10Hz付近のα波の脳波を刻みはじめる、という脳の性質を利用した技術。

クリックで画像拡大

ではこれより、これらの技術がどのように使われ生かされているのか、興味津々で試聴した感想を報告します。

いろんな音の集合体が、音程を変えリズムを変え連続的に流れて行きます。
子悪魔が「ケケケッ」と笑っているような音、海岸に打ち寄せる波のような音、鐘のような音、その他にも文章では表現できないいろんな音が聞こえてきます。

ただ、どれも皆デジタルっぽい音であるところは同じです。
基本的には暗く不安感を煽るような音調ですが、時折さわやかな音も紛れ込み、暗いだけというわけでもありません。
可聴範囲ぎりぎりの高周波の音や低周波の音もいい味だしてます。

さて次に、本題の「体外離脱」ができたかどうかですが…
しばらく聴いていると、どんどん眠くなってきて、たしかに脳波がシンクロしてるぞ!という感じがします。

時折、幻視(夢)もチラチラと現れ、眠りに落ちる寸前の状態であることが自覚できます。一瞬眠ってしまったのか、「ハッ!」と気が付くこともあります。

この状態は、体外離脱できる直前の状態と酷似しているので、あとホンの少し覚醒度が下がれば、体外離脱も可能です。

が、しかし……

ここに来てCDの音がとにかく邪魔になるのです。
もうあとホンの少し覚醒度を下げたいのに、時折挿入される耳障りな音がイッキに覚醒度を上げてしまうのです。

結局、今までのところ3回聴きましたが、体外離脱はできませんでした。

ただ、私の感想としては、脳波がシンクロしてるという実感もあり、それなりの効果はあったと思います。

また、CDを聴きながらではダメでしたが、150番の書き込みの尾崎さんのように、CDを聴いた後で体外離脱を試みれば効果があるかもしれません。

【たのたい掲示板】 150番の書き込み

結論としては、体外離脱こそはできませんでしたが、私はドラッグ系CD初体験ということもあり、おもしろアイテムとして結構楽しませてもらいましたね。

ヘンリー川原/幽体離脱体験 amazon


スポンサーサイト
Comment:2 | TrackBack:1   2009/09/30
Secret

TrackBackURL
→http://tanotai.blog37.fc2.com/tb.php/32-f4571b06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。